店名となっている「DUNSTAN(ダンスタン)」は、909年グラストンベリー近郊で貴族の家系に生まれ、961年カンタベリー大司教となった人物。ダンスタンは宮廷に仕えていた頃、異教徒の詩歌や物語を研究したとの告発を受け追放される。

これを機にベネディクト会の修道士となり、グラストンベリーで隠遁生活に入ったダンスタンが、ある日鍛冶仕事をしていたところ、旅人に変装して訪れた悪魔に馬の蹄鉄を修理するよう頼まれるが、ダンスタンは悪魔の正体を即座に見抜き、馬ではなく悪魔の足に真っ赤に焼けた蹄鉄を無理矢理打ち付ける。あまりの痛みに、蹄鉄を抜いてくれるよう懇願する悪魔に「蹄鉄が玄関に飾られた家には今後絶対に近づかない」と約束をさせた。それ以来、蹄鉄は魔除けのシンボルであり、安全と幸福の象徴でもある。

この逸話の通り、悪魔を追い払った知恵と勇気、人の幸せを願う愛情と優しさが「馬の蹄鉄」というシンボルには詰まっていると私たちは考えます。ダンスタンが身のまわりの大切な人々を思いやったように、私たちはあなたの安全と幸福を願って、蹄鉄の印の入ったパッケージでコーヒーを提供します。

特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー © DUNSTAN COFFEE ROASTERS